葬儀の種類と服装の町田におけるマナーを知っておきたい

遺族として参列する場合は和装の喪服が正装です

大切な家族が亡くなると町田の葬儀社を利用したい人が多いですが、服装のマナーを知っておきたい人が増加しています。故人の遺族として参列する場合は、女性の場合は和装の黒の喪服を着用することがほとんどです。故人の配偶者やお子様の場合は、和装の喪服を着用するのが一般的です。男性の場合は黒の喪服を着用するのが一般的になっており、黒のネクタイや靴下、靴などを着用します。一般葬の場合は多くの人に参列をしてもらうので、清潔な身だしなみを心掛けることが大事です。Yシャツの襟や袖、靴などに汚れが付いていないかチェックをしておきましょう。町田の葬儀社では和装の黒喪服をレンタルできるので、事前に申し込んでおくと安心です。故人との血縁が濃い場合は、和装の喪服を着用するのが正式なマナーになっています。

一般参列者の基本的なマナーを知っておきたい

近所の人や友人知人、親戚の人などのお通夜や告別式に参列をする時は、基本的な服装のマナーを知っておきたい人が多いです。一般参列者として出席をする場合は、和装の喪服は着用しないほうが良いでしょう。基本的には遺族が着用するので、一般参列者は洋装の黒の喪服を着用するのが礼儀です。女性の場合は深い黒のワンピースを着用しますが、膝が隠れる長さのスカート丈を選んだり、肌の露出を抑えたデザインを選んで下さい。バッグや靴などは光沢のない素材を選んで、シンプルなデザインの商品を選ぶことが大事です。お通夜や告別式などに参列をする時は、家族葬や一般葬などの種類によっても違ってきますが、男性の場合は黒の喪服を着用すると良いでしょう。傘や扇子などの小物も黒にしたほうが良いでしょう。

清潔で落ち着いた雰囲気を出しましょう

町田の葬儀社では家族葬や一般葬、一日葬などの種類がありますが、基本的には服装のマナーは同じです。女性の場合はハイヒールは避けて、低めのヒールのパンプスを着用すると良いでしょう。男女共に清潔で落ち着いた雰囲気の服装を心掛けることが大事です。お通夜や告別式では、僧侶の読経が始まるとお焼香をするため、長い髪の毛の人は束ねておくようにしたり、普段よりも薄化粧を心掛けて下さい。女性の場合はノーメイクも失礼に当たるので、ナチュラルで上品なメイクを心掛けて下さい。町田では数多くの種類の斎場がありますが、主要な駅から利便性の高い立地にあったり、広い駐車場が完備されている所がお勧めです。多くの人が参列をするので、基本的なマナーを身に付けておきましょう。

記事を共有する