町田市内で行われる葬儀の常識的マナーについて

町田市内で行われる葬儀の主な特徴

町田市は資産家と見受けられる人が少なくありません。金銭を有している人はエリア内の人々だけでなく、遠方に存在する知り合いや有名人と付合いがたくさんあるのが特色になります。従って、葬儀時にはたくさんの弔問客が訪問してきます。この時に選定される葬儀は一般葬で、執り行われる所は町田市内にある非常に広い駐車場を所有している会場です。儀式が進んで告別式ともなれば、生前に付合いがありました方達が想いを述べる為、台に上ってスピーチすることになります。人数が非常に多いのでスピーチが終了するのに時間がかかる傾向が見られます。また、葬式の形で家族葬を採用する方たちも拡がっています。出席はファミリーや親戚、親しかった人のみなので、葬式は静かに進行していきます。

出席する場合の最低限の服装の決まり事

出席する場合、まず第一に宗教等の相違によるスタイルが違う部分に気をつける必要があります。国内では90パーセント以上が仏式ですが、近頃では、家族葬並びに個人葬など形にとらわれない方法も多くなっています。ですから、常識的なマナーを理解することは重要です。どういった宗教でもお通夜などに出席するときの服装にそれほど違いはありません。男性の方は無地のホワイトシャツに対して黒ネクタイや黒のスーツそして、黒系の靴下が常識のマナーの原則です。女性の方は黒以外にも紺など飾り気の無い色で、落ちついた服でも違和感はありません。化粧は控え目にしてアクセサリーは付けないことが常識のマナーです。アクセサリーに関しては、結婚指輪は問題ありませんが光るもの、毛皮といった殺生したものは基本として厳禁です。

服装以外の最低限の礼儀作法とは

服装以外の心に留めておきたいマナーとして、故人並びに遺族と親しい関係のケースでは、親類以外は手伝いが出来ない訳ではありませんから、手伝える時間があるなら、弔問時に手伝いを申し出てもかまいません。加えて故人の病名並びに死因などに関して、遺族にとり、死因並びに病気など大事な人が亡くなられた最期の状態に触れたくないケースが少なくありません。遺族の考えで教えてもらうケースは別として、病名並びに死因については聞こうとしない事は最低限度の礼儀作法です。また、香典に入れるお札に関してですが、この場合新札のお札は基本的に駄目です。慌ただしくATMから下ろして新札しかない場合には、自分自身で折り目を付けて入れましょう。

記事を共有する