デザイン名刺の作成例とワンポイントアドバイス

社会人にとって自分のことを覚えてもらうために非常に重要なツールのひとつに名刺があります。初めて会う人同士で交換し合うことが多く、顔を見て挨拶をした後に名刺に目をやることがほとんどです。一度名前を聞いただけでは、後で思い出そうとしてもなかなか名前が出てこず困ってしまいますが、名刺があれば必要な時に思い出すことが出来ます。そして珍しい名前の人などであればそのことをきっかけに話が弾んだりもしますし、初対面の相手と打ち解けるためには欠かせないものです。ビジネスマナーとして何となく渡しているという人が多いかもしれませんが、せっかく準備して渡すものなので少し工夫してみてはいかがでしょうか。その工夫の一例としてはデザイン名刺というものがあります。

デザイン名刺を渡すメリットとは

最近では普通の名刺だけでなく、そのデザインにこだわったデザイン名刺を作成する人も増えてきています。多くの人は白地に会社名や名前、連絡先など必要最低限の情報が記載された名刺を持っていることと思います。それは名刺をもらう側も同じで、同じような白い名刺が並んでいるとたくさん名刺をもらう人の場合、埋もれてしまって誰の名刺か分からなくなってしまいます。そのような時にデザイン名刺を渡せば非常に印象に残るため、自分の顔も覚えてもらいやすくなります。また変わったデザインがされた名刺を渡せば、ほとんどの人が名刺に興味を持って話を振ってくれることでしょう。なかなか初対面の人と上手く話せないという人や、どのように話を切り出せばよいのか分からないと悩んでいる人にとってデザイン名刺は非常に助かるアイテムにもなります。

どのようなデザイン名刺があるのか

ではこのデザイン名刺ですが、作成例としてどのようなものがあるのでしょうか。多くの場合名刺には会社名や自分の名前など必要最低限の情報のみを入れます。しかし中にはこれまでの名刺という概念にとらわれず、パンフレットのように折りたためるような形にして、出身県や好きな食べ物などパーソナルな情報も盛り込んでいるデザイン名刺もあります。こうすることでより興味を持って名刺を見てくれますし、相手が食いついてくれるようなポイントも増やせることになります。またそこまで凝ったのもでなくても、ただの白地の名刺ではなくカラフルな色やイラスト、自分の顔写真などをワンポイントとして入れるだけでも印象に残りやすい名刺になります。これらを参考にして素敵な名刺を作ってみてください。